住宅の模型

海外不動産をチェックしよう|未来ある若者も情報先取り

独居老人なども入居できる

書類

独居老人といった高齢者が増加する中で、賃貸物件の入居を助ける制度である家賃債務保証は今後も広く利用されると予測されます。家賃債務保証は賃貸の経営者にもメリットが大きく、空室リスクの回避に大きく貢献してくれます。

詳細を読む

将来性ある海外への投資

一軒家

経済成長と人口増加が魅力

これから不動産投資をする場合、海外不動産も選択肢の1つとして考える必要があります。というのも国内の不動産投資は人口の減少によってリスクが高くなっているからです。人口減少の影響を受けるのは主に地方都市で、首都圏をはじめ大都市ではそれほど影響がないのです。もし地方在住で不動産投資をするなら海外不動産の方がメリットがあります。特に新興諸国であるアジアでは若者人口が増加の傾向にあります。また不動産物件の価格が日本に比べて安いというメリットがあります。この2点を考えても海外不動産には魅力があります。また日本国内の不動産投資は作れば借り手がいくらでもいた時代とは違って、最近は空室リスクが高くなっているのも不安材料です。その点、今後も経済成長率が見込める海外不動産は将来性があります。

国内の投資会社を活用する

ただし海外不動産へ投資する場合に気をつけたいのが日本語が通じないという点です。例えば海外でマンション経営をする場合、現地の銀行で融資を受ける場合にどのくらいまでの融資が可能なのか、契約手続きなどでは専門用語を理解する必要があります。また現地の言葉がわからないと、本当に投資に相応しい物件なのかどうかもわからないことになります。そのような時に利用したいのが、海外不動産を扱っている投資コンサルタント会社です。日本の投資コンサルタント会社の中にもアジアの投資に強い会社、ハワイの投資に強い会社などがありますから、投資先によって選ぶことができます。海外にも日本語が通用するコンサルタント会社がありますが、実態と信頼性の面で不安です。国内にある投資コンサルタント会社なら安心して利用できます。

建設が続いています

女の人

マンション経営を行うのに必要なのが、投資用マンションの購入です。間取りや立地など様々な投資用マンションが建築されていますから、投資額を回収できるような投資用マンションをしっかりと見極めてから投資をするようにしましょう。

詳細を読む

民泊の仲介サービス

一軒家

民泊のサービスをするairbnbというサービスが世界的に有名になっています。沖縄でも規制が緩和される動きにあり、airbnb代行業者も増えてきています。不動産の新しい有効利用方法としても注目されています。

詳細を読む